2018年06月03日

【平成30年度前期高知大会】第5日目最終日 【前期日本リーグ】

運命の最終日

平成30年度前期高知大会は、第5日目最終日を迎えた。

男女とも1部は混戦となり、優勝チームは、本日の最終試合で決定する。

今日も早朝よりたくさんの入場者で会場は盛り上がっています。

試合前の国歌独唱は、地元高知市出身の杵屋彌之吉さん。

三味線を弾きながらの国歌独唱は、珍しくて斬新でした。

 

P6030701.JPGP6030703.JPGP6030695.JPGP6030711.JPG

 

 

1部優勝の行方は

最後の最後までもつれた最終試合の結果、

男子1部は、リコーが初優勝。

女子1部は、十六銀行が12期ぶり4回目の優勝を飾った。

 

093A7426.JPG093A7475.JPG093A7494.JPG093A7490.JPG

093A7423.JPG093A7444.JPG093A7453.JPG093A7448.JPG

 

ファンサービス

全試合終了後、選手によるサイン会を開催。

たくさんのファンの方にお集まりいただきました。

また、豪華プレゼントの抽選は、最高殊勲選手賞の松澤茉里奈選手と、有延大夢選手のおふたりにご協力いただき、日立43インチテレビと、シチズンからくり時計を当選者にプレゼントいたしました。

 

P6030733.JPGP6030731.JPGP6030752a.JPGP6030764a.JPG