2018年09月07日

2018年度Tリーグに関する併用登録について

Tリーグの登録については、(公財)日本卓球協会理事会(2017年9月9日)にて下記の通り承認されております。

(以下、議事録抜粋)

  • Tプレミア、T1及びT2リーグへ参加する際の所属等はTリーグで設けた参加要件で対応し、本会宛登録変更の届出は不要、地域リーグについては運営に際し別途検討を要する。
  • なお、原則当該年度の本会登録選手(第1種~第7種のいずれか)、本会登録役員(第8種)とし、活動拠点が日本国外の外国籍選手及び役員はその限りではない。

 

上記を踏まえ、2018年10月に開幕されるTリーグ参戦について、本連盟理事会(2018年3月3日)において1年間(2018年度)の併用登録が承認されました。

 

2018年度については、Tリーグ参戦にあたり本連盟登録(日本卓球協会登録)とは別所属で参加する選手がおりますことご報告いたします。

 

例)平野友樹 選手は 協和発酵キリン 所属のままTリーグに T.T彩たま から参戦

※併用登録とは他競技でのレンタル制にあたります

 

なお、Tリーグ2018年-2019年シーズンの登録締切日(9月30日)以降、本連盟所属でTリーグへ参戦する選手の発表を行います。

 

以上