会長挨拶

DSC_6278_4×3.jpg

本連盟は、1977年創立以来、関係各位のお力添えを賜り、2017年に創立40周年を迎えることができました。そして新たに2020年4月より「一般社団法人日本卓球リーグ実業団連盟」として始動いたしております。これまで諸先輩方が築かれた多くの功績を継承することはもとより、卓球界における日本卓球リーグの役割を全うすべく努力・邁進していく所存ですので、関係各位の皆様方にはご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

 

日本卓球リーグの主な事業は、前後期のリーグ戦と前後期の総合成績上位4チームによるプレーオフ大会「JTTLファイナル4」、そして日本卓球リーグ所属全選手による個人戦(シングルス・ダブルス)のビッグトーナメントです。 

 

リーグ戦は前期・後期と年2回開催され、「JTTLファイナル4」の優勝チームには年間チャンピオンとして内閣総理大臣杯が授与されます。卓球の団体戦の醍醐味が凝縮された大会と考えております。

 

日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメントは、日本のトップ選手である日本卓球リーグ所属の選手が一堂に会する賞金付個人戦です。ファンの皆様のお陰で毎年会場は満員となる盛況を頂いております。

 

そのほかの事業と致しましては、韓国との国際交流として「日韓定期戦」を2年に1度行っております。また、本連盟選抜選手を毎年、国際大会に派遣しております。

 

さて、日本卓球リーグは2017年度に創立40周年を迎え、40余年の歴史の中で日本卓球界の屋台骨を支えて参りました。実業団チームでプレーする選手の競技寿命が飛躍的に伸び、企業の理解のもと、環境も整備されました。

 

また、画期的なアイデアとして、ユニフォームのカラフル化、11本先取制、タイムアウト制などを提案し、日本卓球リーグがいち早く実験ルールとして採用致しました。これにより、国際ルール改正のキッカケとなっております。

 

さらに、実業団の枠組みをはずした「オープン化」により、有力大学やクラブチームも参加できること、更には加盟チーム以外の日本代表選手が参加できる「ゴールド制」も採用し、日本代表選手の強化と活性化に努めております。

 

今後も時代に先駆けた試みにチャレンジし、活力ある組織であり続けたいと考えております。日本卓球リーグが課せられた役割と責任を果たし、卓球界発展のために惜しみない努力を続けて参ります。皆様方のご理解とご支援を賜れば幸いです。

 

一般社団法人日本卓球リーグ実業団連盟 会 長 原田 弘人