2021年11月11日

【2021年度後期埼玉大会】2日目 【後期日本リーグ】

大会2日目

昨日に引き続き好天候に恵まれ、大会2日目がスタート。

今日も、2部4コマ、1部1コマの計5コマのハードなタイムスケジュール。

初参加のスポット参戦チームも健闘し、勝ち星をあげています。

 

PB116992.JPGPB127022.JPGPB116997.JPG

 

埼玉県出身選手

地元埼玉生まれ、男子2部ケアリッツ・アンド・パートナーズの玉置怜央選手(鴻巣北中→埼玉栄高→駒澤大)は、投げ上げサーブからのカミソリドライブがアピールポイントだそうです。

男子1部の坪井勇磨選手(東京アート)も、青森の印象が強いですが、埼玉生まれ。

地元での活躍はいかに。

 

093A8037.JPG093A8041.JPG093A6774.JPG

 

解説 or コーチ

前大会まで、LaboLive中継の解説をしていただいていた山本恒安(元シチズン時計所属)さんが、今回スポット参戦している母校同志社大学のコーチとしてベンチ入り。

元日本リーガーとしても、選手の長所を引き出してくれること間違いなし。

 

093A7923.JPG

 

視察

2022年度ビッグトーナメント開催予定の福島県卓球協会斉藤一美会長、2022年度前期大会を開催予定の和歌山県より、竹本秀生副会長・吉見公男理事長・西野正人理事が視察に来られています。無事に大会が開催出来ますように!

 

PB117004.JPG

 

男女2部の行方は?

本日の2部終了時点で男子は、Aブロック4戦全勝のリコーに続き、1敗の豊田自動織機が追走。
Bブロックは、3戦全勝の朝日大学を、1敗の関西卓球アカデミーと原田鋼業が続く。
 
093A7341.JPG
女子は、5戦全勝の愛媛銀行を広島日野自動車と、早稲田大学を破った埼玉県選抜が1敗で追う。
クローバー歯科フェアリーズは、本日1勝をあげ、今回のスポット参戦全チームが勝ち点を奪取。
明日からの後半戦は、生き残りをかけたサバイバルゲームとなる。
 
093A7030.JPG
 

1部チーム登場

本日の最終試合に1部チームが登場。10月の全日本選手権(団体の部)男子優勝の東京アート、女子優勝の中国電力が登場。
オリンピアン石川佳純選手(昭和電工マテリアルズ・ゴールド選手)が初日より登場と話題も豊富。
JTTLファイナル4進出をかけた熾烈な戦いが幕を開けた。
 
093A8246.JPG093A8297.JPG093A8461.JPG