2021年11月14日

【2021年度後期埼玉大会】5日目最終日 【後期日本リーグ】

大会5日目最終日

連日好天に恵まれた、後期埼玉大会もいよいよ5日目最終日。

ここまで、男子1部首位を走るのは、5戦全勝の東京アート。
愛知工業大学・日鉄物流ブレイザーズ・協和キリンが1敗で追走。
前期同様トップ4チームの熾烈な優勝争いから目が離せない。
 
女子1部は、5戦全勝の中国電力を昭和電工マテリアルズが1敗で追う展開。
下位のチームも1部残留をかけて1ゲームも落とすわけにはいかない。
男女とも王座に就くのはどのチームか・・・。
 

093A9999.JPG093A9869.JPG093A9870.JPG

実況解説

今回も実況は、山崎雄樹さん、解説は、地元埼玉育ちのカットマン塩野真人さん。

お二人のおかげで、昨日の中継も視聴者が増えたそうです。

皆さんもLaboLive中継をぜひご覧ください。

 

PB147048.JPG

花束贈呈

試合に先立ち、東京2020五輪でメダリストとなった石川佳純選手(昭和電工マテリアルズ・ゴールド選手)へ、本連盟を代表して原田弘人会長より花束の贈呈を行いました。

 

PB147060.JPG

各チームベンチの様子

093A0046.JPG093A0101.JPG093A0109.JPG093A0102.JPG093A0111.JPG093A0112.JPG093A0116.JPG093A0117.JPG093A0120.JPG093A0121.JPG093A0128.JPG093A0162.JPG093A0176.JPG093A0152.JPG093A0108.JPG

1部優勝の行方は

男子は、7戦全勝の東京アート。最高殊勲選手賞は小西海偉。

前期優勝の愛知工業大学は、1敗で一歩及ばず2位。

3位は協和キリン、4位が日鉄物流ブレイザーズ。この4チームがファイナル4に進出。

日野自動車キングフィッシャーズは、2部降格となった。

 

PB147086.JPG093A0148.JPG

 

女子は、中国電力が7戦全勝。最高殊勲選手賞は、井絢乃。

2位がサンリツ、3位が昭和電工マテリアルズ、4位が十六銀行。

この4チームがファイナル4に進出。

2部降格は百十四銀行。

 

PB147095.JPG093A0301.JPG

ファイナル4進出チーム093A0569.JPG

埼玉の皆様に感謝

今回の後期埼玉大会は、新型コロナ感染症の再拡大を注意しながらの一週間でしたが、感染対策を行い、本日無事終了することができました。
これも、連日にわたる地元役員の皆様の準備・大会運営へのご尽力のおかげだと感謝申し上げます。
本連盟原田弘人会長より、埼玉県卓球協会・さいたま市卓球協会に感謝状を贈呈させていただきした。
また、田中孝一審判長より、田原ひろみさんと間中敬さんに優秀審判員賞の授与が行われました。
審判員の皆様ありがとうございました。
 

093A0596.JPG

093A0578.JPGPB147141.JPGPB147148.JPGPB147152.JPG

副賞

今回もキリンビバレッジ株式会社様より、男女1・2部優勝チームに副賞のiMUSEレモン・生茶Life+・午後の紅茶ミルクティープラスのプラズマ乳酸菌シリーズ3商品を合わせて1年分が贈られました。
 
PB096846.JPG