2022年06月21日

【2022年度前期和歌山大会】準備 【前期日本リーグ】

大会準備

明日から、2022年度 北斗電気設備 前期日本卓球リーグ和歌山大会が始まります。
和歌山県での開催は、昭和54年(和歌山県立体育館)以来、ひさびさとなる。
会場の和歌山ビッグホエールは、全日本実業団や全国ラージでも使用された和歌山が誇る大会場。
くじらをモチーフにしたおしゃれな建物です。
本日は、佐藤専務理事のあいさつに続き、地元協会のご協力のもと、準備を行いました。
今回も、日本卓球株式会社のご協力により、抗ウイルス・抗菌加工の卓球台、フェンス、得点カウンター等を使用します。
練習会場の和歌山ビッグウエーブでは、2部チームの練習が始まりました。
新型コロナ感染症も収まりつつありますが、無理をせず無観客のリモートマッチとなっております。
是非Labo Liveによるインターネットライブ配信でお楽しみください。
 
P6218221.JPGP6218187.JPGP6218182.JPGP6218219.JPG
 
 
P130244.jpgP130350.jpgP6218180.JPGP6218211.JPGP6218238.JPGP6218209.JPGP6218233.JPGP6218202.JPG